平々毎々 (Hey hey, My my)

rock and roll can never die.

月別アーカイブ: 3月 2014

2nd p.c.

w7.

広告

非モテ気質であるよりDQNであるほうがモテる論

掲題のようなネタは非モテ界隈で割とよく言われる話。「いい人とはどうでもいい人」にも通じるテーマ。

でも、ね。

恋愛は平等でも公平でもないから。片思いするのは自由かもしれないけども、少なくとも「人が人として生きるには愛する人に愛されるという状態が不可欠」とまでは人権として勝ち取られてはいない(「非モテでも誰にもバカにされずにまっとうに生きる権利」ならわかるけど)。

それを前提にすれば、健全な自己評価を持ってて適度に自信のある人が考える「(恋愛の相手として)対等に付き合う」は、そりゃ同程度に健全な自己評価を持ってて適度に自信のある人が相手になるんじゃないの。卑屈な人ではなく。デート代を割り勘にするかどうかだけが対等扱いじゃない、ともいう。

「いい人とはどうでもいい人」、こっちはね、排中律が公理かどうかという。「悪い人じゃないんだけどねー」は「良い人」を意味しない。なのにそこでつい「いい人なんだけどねー」と言ってしまうから混乱が生じる。